%E5%86%99%E7%9C%9F%202019-06-01%2010%201
rect1040.png
​【5歳~8歳】

運動能力の基礎が出来上がるこの時期に、大ざっぱでよいから多種多様な経験を積ませることが大切です。トップアスリートのほとんどがこの時期に多種多様な運動を経験しています。

 

【9歳~12歳】

​新しい運動経過をすばやく把握して習得することや、多様な条件に対してうまく適用する運動系の能力を身につける。

もっとも神経系が発達する時期が5歳前後です。

この時期に楽しい遊び要素が含まれた様々な運動を沢山行うことで、将来運動能力に優れた子どもに育ちます。

a786d2.gif
rect1041.png

トレーニングではなく​

『遊び』という感覚をつくる

トレーニングではなく​

『遊び』という感覚をつくる

運動が好きと思うことが何より大事で、その本質を引き出すことが、幼少期の成長過程ではもっとも重要です。『好きこそものの上手なれ』まさにこの言葉が表すことです。子ども達にとっては遊び感覚、でもしっかりトレーニングになっている。楽しい、もっと運動したいという気持ち、出来た時の達成感を味わうことで、どんどん成長していきます。

運動神経は13歳までで

80%以上成長する

運動が好きと思うことが何より大事で、その本質を引き出すことが、幼少期の成長過程ではもっとも重要です。『好きこそものの上手なれ』まさにこの言葉が表すことです。子ども達にとっては遊び感覚、でもしっかりトレーニングになっている。楽しい、もっと運動したいという気持ち、出来た時の達成感を味わうことで、どんどん成長していきます。

1つの競技に集中させない

様々な動きを覚える

運動神経とは、沢山の神経が表すものです。一つの競技に集中することはもちろんその競技の動きは鍛えられますが、一つ外に行くと理解ができなかったり、どう動かしていいのか解らなくなります。どんな競技にでも対応できる身体があるからこそ、その競技でも光を放つのです。ここでは様々な動きを覚え、将来どのスポーツにも順応できる運動能力を鍛えます。

写真 2019-12-26 17 22 19.jpg
image604.png
bitmap.png

AP Sportsに通う小学生の記録です。

週一回通いスタート時から8ヶ月後を比べてみました。

大幅に飛躍していることが分かります。

​(※個人差によります)

g335.png

立ち幅跳び

text118-8-8.png

反復横飛び